MENU

おやつは与えすぎはだめ

 

現代はペットの家族の中での位置比重が、昔と比べて高くなりつつあり、飼われている動物という認識ではなく、家族の一員としてのあり方や、癒しであったり様々で、人間社会にとって、より重要な存在へと変化しつつあります。

 

最近はペットとは一般的に愛玩として飼育され家族同様に生活スタイルを形成している事は特徴の一つと言えます。もともと人は、太古の昔からペットと共に暮らしてきた歴史を持っていますが、特に最古なものとして3万年前の石器時代の遺跡からは、洞穴クマの飼育の形跡が見つかっています。

 

昔は家畜として存在していて、更にその家畜は野生から捕獲してきたという歴史も重要に捉えます。これらを踏まえ現在においては歴史的にも主従関係を好む習性を持つ犬においては、基本的に飼い主に従順とする事が多い犬の人気は高いです。

 

また歴史的にも高貴な身分に相応しい動物として、今日においてもペットとしてより近い存在で君臨し続けている猫もとても人気な動物です。

 

こうしてペットの位置とは人間にとって必要な存在へと歴史からも読み取れるのですが、時代とともに、人間の食にも変化があるように、ペットにおける食事情にも変化が遂げられています。

 

犬の与える餌を取り挙げると、昔は犬の餌といったら、家の食事の残りを餌として与え、食べていた犬も少なくなく、基本的に雑食として、人と同じ食べ物をたべていた時代もあったと言われています。

 

それが犬の常識とさえ捉えられていた歴史もあり、その中で最近はペット専用のお店や病院が続々開業オープンし、ペットにまで人間同様なサービスとして提供される程の取り巻く社会に変わり、特にストレス発散のためのマッサージサービスや栄養分を点滴、葬儀に至るまで等、その内容は目まぐるしく進化、発展し続けています。

 

もはや人間同様とも言えるそうです。そして現在においての犬の食べる餌はドッグフードと呼ばれ、その内容はコンパクトにまとめた中に豊富な栄養素としてビタミン、カルシウム、亜鉛、ヨウ素等々幅広く充実した内容で販売され提供され続けています。

 

餌においては当たり前にさえなりつつありますが、更におやつの存在までに到達しています。が、とても充実していてストレス社会とも言われている現代においては、動物もストレスを受けているので、餌の合間に与えるおやつにはとても意味があります。またこの成分も慎重に選んであげて、より長く一緒に暮らせる体制を整えてあげる事が望ましいそうです。

 

犬の餌を与える時には

犬の餌、というのは基本的には人間が食べている物で大丈夫です。ネギやチョコレート系は駄目なのですが、それ以外であれば基本的に害がある、ということはないです。

 

後は塩分が高目になっていることがありますから、人が残したものを与える時には水洗いすることが基本になります。このように与えることが昔は多かったわけですが、今は素直にドッグフードを購入したほうがよいです。

 

そうすれば安心して与えることができます。市販されているわけですから、そのあたりは非常にしっかりと配慮されているといってもよいでしょう。お金がかかることではありますが、それでも安心感があるのは有難いです。

 

カロリー的にも問題はないです。目安の摂取量というのがありますから、それはしっかりと守るようにしましょう。犬の餌というのは、色々とあります。カリカリタイプもありますし、柔らかい肉のようなタイプもあります。

 

基本的には好きなほうを選ぶことができます。はっきりいってどちらでもよいでしょう。おやつに関してもそれは言えることです。犬が欲しいと思っている物を渡すことが重要であるといえます。そのほうが喜んでくれるからです。言うまでもありませんが、カロリーはよく計算しましょう。

 

ドッグフードを含むペットフードの特徴について